歯科用レセコン選び方ガイド│レセラーク

どこよりも
分かりやすく解説
あなたの
歯科医院に
導入すべきレセコンの選び方

あなたの歯科に導入すべきレセコンの選び方

レセコンの違いを知ることが、自院にとってふさわしい歯科用レセコン導入の近道。このメディアでは歯科用レセコンの見極め方を分かりやすく解説しているので、最初からしっかりと読み進めていただくことを推奨しています。どうしてもお時間がない方は、下のボタンをクリックするとタイプ別のおすすめ歯科用レセコンを見ることができます。

自院の規模や導入したい機能やカスタマイズ性から判断しましょう!

自院の規模や導入したい
機能や
カスタマイズ性
から
判断しましょう!

歯科用レセコンは「オンプレミス型」「オンプレミス型+電子カルテ」「クラウド型」の3つに分けられます。カスタマイズ性や機能、価格などの観点から自院にとって必要なものを選ぶと良いでしょう。

オンプレミス型
の特長
オンプレミス型
+電子カルテの特長
クラウド型
の特長

オンプレミス型の
特長

オンプレミス型の特長
  • レセプトに必要な機能が豊富
  • カスタマイズ性が高い
  • 導入費用はやや高め
  • 中規模の歯科医院向け

オンプレミス+
電子カルテの特長

オンプレミス+電子カルテの特長
  • 受付・診療・会計まで一元管理
  • カスタマイズ性が高い
  • 導入費用は高め
  • 大規模の歯科医院向け

クラウド型の
特長

クラウド型の特長
  • 短期間で導入可能
  • 機能数は限られる
  • 導入費用は安め
  • 小規模の歯科医院向け

タイプ別に見る おすすめ歯科用
レセコン3

ここでは「オンプレミス型」「オンプレミス型+電子カルテ」「クラウド型」の歯科用レセコンの中で、特におすすめしたい3製品を紹介します。ぜひ導入の参考にしてください。

オンプレミス
オンプレミス
算定漏れ・ミスを防ぐ
機能が充実

FLEX NEXT-Pro

FLEX NEXT-Pro
画像引用元:ウィルアンドデンターフェイス公式HP
(https://denf.co.jp/)

FLEX NEXT-Proは利用する人のことを考え、直感的な操作性で使いやすさにこだわっています。更にしっかりと保険請求ができるように、算定漏れや算定ミスを防ぐ機能が備わったシステムです。

オンプレミス+電子カルテ
オンプレミス+電子カルテ
チェック機能で
正確なレセプトを作成

WiseStaff

WiseStaff
画像引用元:ノーザ公式HP
(https://www.nhosa.com/product/wisestaff/)

WiseStaffは長年培ってきたノウハウで保険請求ルールに則ったチェック機能で正確なレセプトを作成することができます。電子カルテでは、正確なカルテ作成と、院内の業務効率化にも役立てることができます。

クラウド
クラウド
レセコン経費を抑えて
利用可能

アットレセ

アットレセ
画像引用元:ベントサイド公式HP
(https://www.ventside.com/)

アットレセは初期費用がなく月額14,410円(税込)で使用できるクラウド型のレセコン。複数台のパソコンで使用しても、オプションを付けても追加費用は発生しない、歯科医院のふところに優しいシステムです。

<選出基準>
前提:Googleにて「歯科レセコン」と検索(2023年4月10日)して10ページ目までに登場した「歯科レセコン」26製品の中から直接的なサポートを行っているシステムを抽出
抽出した26製品の内、以下の条件から3製品を選出しました。
・FLEX NEXT Pro:オンプレミス型の歯科用レセコンの中で導入実績(1,000件)が最も多い製品として選出
・WiseStaff:電子カルテ搭載のオンプレミス型レセコンの中で導入実績(1万件)が最も多い製品として選出
・アットレセ:クラウド型の歯科レセコンの中で最も費用が安い製品として選出

自院に適したものを選びましょう おすすめ歯科用レセコン
3選
もっと詳しく!

オンプレミス
オンプレミス
算定漏れ・ミスを防ぐ
機能が充実

FLEX NEXT-Pro

FLEX NEXT-Pro
画像引用元:ウィルアンドデンターフェイス公式HP
(https://denf.co.jp/)

FLEX NEXT-Proとは

FLEX NEXT-Proは直感的なインターフェイスで操作ができるオンプレミス型の電子カルテ。保険診療のルールに沿った治療プランを作成できるため、治療面、請求面でもスムーズに利用することができます。また、FLEX NEXT-Proを開発したウィルアンドデンターフェイスは、歯科医が安心して利用できるよう、導入時だけでなく、希望に合わせて訪問によるサポートも行っています。

FLEX NEXT-Proのここがすごい

治療計画を保険算定ルールに
あわせて可視化

プランに沿ってあらかじめどの部位に対して、いつ、何をしたのか、今後どのような治療をする予定なのかを入力することで、患者さんごとに治療の進行状況を分かりやすく管理することが可能。間違った部位への治療を防ぐことにも機能します。プランに沿って治療を行えるため、保険請求における算定漏れも防ぐことができます。

次回の治療費が分かる
治療費概算機能

事前の治療計画で次の治療が何をするかが明確なため、次回の治療費がどれぐらいかかるのか、総額でいくらかかるのかも知ることができます。患者さんに次回の費用を知らせることができるので患者さんも安心して来院することができるでしょう。歯科医院にとっては未収金防止にも役立てることができるでしょう。

FLEX NEXT-Proを導入した歯科医院の声

イメージ
簡単にカルテ入力が
できています

治療計画を作り、流れに沿って入力していくだけで簡単にカルテの入力ができています。同時に治療中の部位や過程が一目でわかるので治療の準備がしやすいのが嬉しいポイント。現在は診療室11台、受付3台、事務局1台という大規模なネットワークを組み、毎日の医院業務に対応しています。

参照元:ウィルアンドデンターフェイス公式HP(https://denf.co.jp/example/
イメージ
業務効率化に
役立っています

保険診療の内容が複雑になり診療算定期間も限定されたものが増えてきたので、直接リアルタイムで入力する必要を感じたのがきっかけで導入しました。カルテ入力印刷、領収書印刷、文書管理、薬剤情報文書の印刷目的で使用。一度の入力でさまざまな印刷ができるので効率的になりました。

参照元:ウィルアンドデンターフェイス公式HP(https://denf.co.jp/example/
イメージ
サポート体制に
とても満足

開業から10年以上になりますが、長い間ウィルアンドデンターフェイスを使用していますが、サポート体制にとても満足しています。現在は、6台で使用していて、請求分析機能や実績集計機能を使って患者さんの動向を確認して運営に役立てています

参照元:ウィルアンドデンターフェイス公式HP(https://denf.co.jp/example/

FLEX NEXT-Proの会社概要

社名 株式会社ウィルアンドデンターフェイス
本社所在地 東京都新宿区大久保2-4-12 新宿ラムダックスビル2F
電話番号 03-5273-6791
公式ホームページのURL https://denf.co.jp/
オンプレミス+電子カルテ
オンプレミス
+電子カルテ
チェック機能で
正確なレセプトを作成

WiseStaff

WiseStaff
画像引用元:ノーザ公式HP (https://www.nhosa.com/product/wisestaff/)

WiseStaffとは

WiseStaffは、通常の入力操作だけで、電子カルテの作成が可能。そのため、作業手順が増えることはありません。正確なカルテの記載を手助けするほか、歯科院内の業務効率化にも一役買うでしょう。

WiseStaffのここがすごい

簡単な操作で
電子カルテの作成が可能

WiseStaffは保険請求ルールに則ったチェック機能を備えているのが特長。厳格なチェック機能によって簡単操作でありながら、正確なレセプト作成をサポートしています。これは多数の導入実績や長年の知見があるからこそできることでしょう。

導入前も後も
専任スタッフがサポート

導入時には選任のスタッフがサポート。導入後も操作方法や保険請求に詳しい専門のスタッフが、電話や場合によっては訪問してサポートをしてくれます。また、オンラインシステムに不安のある医院も安心して利用できるよう、NTTデータの「@OnDemand接続サービス」を採用し、遠隔バックアップサービスで大切なデータも守ってくれます。

WiseStaffを導入した歯科医院の声

イメージ
以前と比べて半分程度の時間で処理できるようになった

以前は紙カルテを手入力でデータ化していましたが、外来の患者様が非常に多く、受付時の登録、次回の来院予約、会計業務など受付業務において、作業が滞ってしまうことが多々ありました。診療外の作業に時間を取られていたのが悩みでした。導入後は作業効率が目に見えて向上しました。以前はカルテの入力に患者様1人当たり20〜30秒くらいを要していたのですが、、今回導入した電子カルテシステムでは半分程度の時間で処理することができるようになりました。

参照元:医療法人社団SED(https://it-case.smrj.go.jp/2020/sed

WiseStaffの会社概要

社名 株式会社ノーザ
本社所在地 東京都中野区中央1-21-4 ノーザビル
電話番号 03-5348-1881
公式ホームページのURL https://www.nhosa.com/
クラウド
クラウド
レセコン経費を抑えて
利用可能

アットレセ

アットレセ
画像引用元:ベントサイド公式HP(https://www.ventside.com/)

アットレセとは

一般的なレセコンはシステム更新の際に多額の費用が発生しますが、アットレセは初期費用がかからず月額料金のみで利用可能。利用するパソコンの台数は何台でも費用は変わらないのも魅力。

アットレセのここがすごい

何台パソコンを増やしても同一料金

アットレセは使用するパソコンの台数を増やしても、料金は同一で使用が可能です。しかもクラウド型なので、ご自宅や訪問診療先などどこからでもアクセスができ、その場で入力することができます。

利用者の手間をかけない仕様に

ソフトはアットレセの専用サーバー上で動くため、院内でのメンテナンスは不要です。また、定期的に行われる歯科保険点数や薬価改定時やバックアップの際も作業の必要はありません。

アットレセを導入した歯科医院の声

イメージ
費用・Mac対応の
問題点をクリア

一番問題になったのが費用です。どのメーカーもかなり値段が張ります。更なる問題点は、ほとんどのレセコンはWindowsのみでMacには対応していないという点です。最低でもこの2点の問題点をクリアしなければなりませんでした。このような条件の中、初期費用なし月額14,410円が決め手でした!

参照元:ベントサイド公式HP(https://www.ventside.com/case/
イメージ
使いやすくなっています

開業当初レセコンの導入を考えていた際に、低コストで自由度の高いアットレセを選択させていただきました。自身でカスタマイズしていかなければいけませんが、少しずつ手を加えることにより、使い勝手がよくなり、勤務医時代に使っていたレセコンと比べても、使いやすくなっているように感じます。

参照元:ベントサイド公式HP(https://www.ventside.com/case/
イメージ
パソコン音痴の私でも
使えています

クラウドと言われても何も解らないパソコン音痴の私が、低コストに魅力を感じ試用期間を経て導入しました。電話での質問時には数々の疑問や操作方法を含め、更には点数改正時には保険点数など教えていただいています。自宅のパソコンからもアクセス出来ますので心身のストレスも解消出来ました。

参照元:ベントサイド公式HP(https://www.ventside.com/case/

アットレセの会社概要

社名 株式会社ベントサイド
本社所在地 東京都江戸川区平井2-12-25
電話番号 0120-85-1031
公式ホームページのURL https://www.ventside.com/

知っているようで知らない まずは歯科レセコンの違い
正しく知りましょう

歯科レセコンとは言っても、商品形態や備わっている機能などはさまざま。自院にとって本当にふさわしいものを選ばないと、オーバースペックとなって予想よりも高い費用が発生してしまったり、逆にアンダースペックとなり欲しい機能が備わっていないということにもなり得ます。歯科用レセコンについて正しく知識を付けて、より適したものを導入しましょう。

ポイント1

歯科用レセコンは
オンプレミス型とクラウド型に分かれます

オンプレミス型の
レセコンとは

オンプレミス型のレセコンとは
中規模〜大規模向け

院内にサーバー・ネットワークなどのインフラを整備し、データの保存や管理を行います。導入費用はクラウド型と比較すると高い傾向にありますが、システムをカスタマイズする自由度が高く、他の業務システムと連動しやすいことです。また内部ネットワークのみで運用が完結するため、情報漏洩のリスクが低くセキュリティ面で安心できるので、患者情報を多く持つ中~大規模の歯科医院に向いています。

クラウド型の
レセコンとは

クラウド型のレセコンとは
個人医院など小規模向け

インターネット上のクラウドサーバーでデータ保管やシステムの管理・運用を行います。院内に設備を必要としないためオンプレミス型と比べると導入費用を安く抑えられ、利用開始までの時間も短くて済むことです。ただしオンプレミスと比較するとカスタマイズ性が低く、機能が限定的なので注意しましょう。個人で開業しているクリニックなど小規模の歯科医院に向いています。

ポイント2

オンプレミス型のレセコンは
「電子カルテ」の搭載の有無に
注目しましょう

電子カルテ機能が備わった
歯科レセコンとは

そもそも電子カルテとは?
歯科向けの電子カルテとは、診断記録、薬剤禁忌、治療計画などのカルテ機能にプラスして、売上・予約管理などにも対応したシステムを指します。受付から診療・会計までの歯科業務を一元管理できるため、業務効率化につなげることができます。
Merit
業務効率向上により
本来の業務に注力ができる

電子カルテの導入により日々の診療における作業工程を減らすことが可能です。その結果、診療や医院の運営といった本来の業務に注力することができ、業務効率や生産性の向上を実現できるでしょう。また属人化していた作業をシステム化できるのでミスの軽減にもつなげることができます。

Demerit
導入コストと
学習コストが発生する

レセコンに加えて電子カルテが備わるため導入費用が高額になる可能性があります。またシステム定着までに時間がかかってしまうことも懸念されるでしょう。歯科医院の電子カルテ普及率が伸び悩んでいることからも、電子カルテ自体を必要としていない歯科医院は少なくないということが分かります。

電子カルテのガイドライン「真正性」「見読性」「保存性」とは

電子カルテには厚生労働省から要件が定められており「真正性」「見読性」「保存性」を満たしておく必要があります。「真正性」とは、電子カルテ作成における責任の所在が明らかであり、故意または過失による改ざんや虚偽情報の入力、消去を防ぐ対策が講じられているものをさします。「見読性」とは診察や監査の際に、誰でもすぐに電子カルテを確認することができる状態にしておくこと。「保存性」とは法的に定められた期間内に真正性を保ちながら見読可能な状態で保存されていることを指します。

この三原則を守らなかった場合直接的な罰則はありませんが、データ等にトラブルが発生した際は法令に抵触する可能性があります。電子カルテ機能を搭載したレセコンの導入の際は、この三原則に対応しているか確認をしましょう。

参照元:【PDF】厚生労働省「医療情報システムを安全に管理するために 」(https://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/03/dl/s0301-6b.pdf)
イメージ
電子カルテ入りのオンプレミス型のレセコンは比較的大規模向けの歯科医院向けであることがわかります

電子カルテ搭載のレセコンは
大規模歯科医院向け

令和2年に株式会社シード・プランニングが行った「日本における医療情報システムの標準化に係わる実態調査研究」によると歯科診療所の電子カルテ導入状況は44.1%*。導入しているところは病床数の多い医院が多い傾向にあるため、比較的大規模の歯科医院向けであると言えるでしょう。

*参照元:【PDF】「日本における医療情報システムの標準化に係わる実態調査研究」(https://www.mhlw.go.jp/content/10808000/000685906.pdf)

歯科用レセコンの選び方

歯科用レセコンの選び方

レセコンを選ぶ際に確認すべきポイントは機能、ユーザビリティ、セキュリティ、サポート体制、コストです。自院が必要とする機能が搭載されており、担当スタッフが容易に操作できるかどうかに重点を置きましょう。

歯科用レセコンの機能

歯科用レセコンの機能

歯科用レセコンのは機能はレセプトの作成が基本で、それ以外は受付業務に必要な機能、治療に必要な機能、経営に必要な機能の3つに分かれます。患者・予約管理や情報提供文書、経営分析が可能なレセコンもあります。

歯科用レセコンの導入費用

歯科用レセコンの導入費用

レセコンは提供されるプランや機能によって費用が変わり、安いものから高いものまでピンキリです。安くてもレセプト作成の基本機能が劣ることはありませんが、安過ぎる場合はセキュリティや機能面で注意が必要です。

歯科用レセコンの操作性

歯科用レセコンの操作性

レセコンは歯科医院には必須のシステムですが、多くの機能が搭載されていても使い方がわからずに活用できないのはもったいないことです。実際に触ってみることが大切で、導入前にデモや試用で操作して確認しましょう。

オンプレミス型とクラウド型レセコンの違い

オンプレミス型とクラウド型レセコンの違い

オンプレミス型は院内にサーバー・ネットワークなどを構築しデータの保存・管理を行いカスタマイズ性が高いのが特長。クラウド型はインターネット上にある外部のサーバーでデータ保存や管理・運用を行い低コストです。

レセコンと電子カルテとの違い

レセコンと電子カルテとの違い

レセコンはレセプト(診療報酬明細書)を作成するコンピュータのことで、会計情報を管理し、事務スタッフや会計士が使用。電子カルテは紙のカルテを電子データに置き換えたもので医療情報を管理し医師などが使用します。

歯科が使えるIT導入補助金とは

歯科医院におけるIT導入補助金は、レセコンをはじめ治療履歴管理やオンライン予約など業務効率化のためのITツール導入を支援します。申請にはIT支援事業者との協力が必要ですが、要件を満たし実績を報告すると補助金が交付されます。

新規患者の数を増やしたい

新規患者の数を増やしたい

新規患者の獲得には受け入れるルートを多く確保する必要があります。取り逃してしまうのは電話がつながらない予約が取りにくいなどが要因としてあり、スタッフ全員に対する教育やレセコンの患者・予約管理の活用が有効です。

無断キャンセル数を減らしたい

無断キャンセル数を減らしたい

患者がキャンセルしてしまう理由には、忙しくてうっかり忘れる、面倒だから行きたくない、天候が悪い、自己判断などがあります。無断キャンセルは損失になるため対策が必要で、レセコンの管理・通知機能が役立ちます。

リコール率をあげたい

リコール率をあげたい

定期検診が継続しないのは患者が消極的で優先順位が低いからです。リコール率を上げるためには、患者に合わせてスケジュールを組んだり、レセコンのリコール機能を活用など、続けやすい環境を整えることが重要です。

業務効率化をはかりたい

業務効率化をはかりたい

レセコン導入はカルテ内容点検やレセプトの返戻の訂正など事務処理が簡単になります。それ以外にも新患数の動向やスタッフ別の売上を算出するなど経営分析機能が使えたり、患者提供文書作成など業務効率化に貢献します。

FLEX NEXT Pro

FLEX NEXT Proは、電子カルテの作成・電子レセプトの見える化ができるほか、治療に合わせたプランの作成も行えるので、患者さんへの治療方針の説明などをサポートしてくれるシステムです。

WiseStaff

WiseStaffは、簡単操作でスピーディーかつ正確な電子カルテの作成ができるシステムです。保険請求ルールに則ったチェック機能もありますので、より正確なレセプト作成ができます。

POWER5G

POWER5Gは、誰でも使いやすいシステムとなるよう、直感的に使えるUI設計でスムーズな診療をサポートしています。訪問診療にも対応しているので、訪問先で電子カルテの作成も可能です。

Opt.One3

Opt.One3は、対話方式で入力ができる「デンタルSOAP」の電子カルテの作成に加え、患者様の治療計画を搭載されているAIが支援を行っています。治療計画や患者様への説明もしやすくなります。

Julea

Juleaは、医院内で利用できるパソコンの台数制限がないため、コストを抑えながら状況に応じてパソコン台数を増やしていくことができます。バージョンアップも無償となっているので、将来的なコストも安く済みます。

電子カルテシステムWith

電子カルテシステムWithは、あらかじめ設定されているカルテ形式から、医院独自のカルテ記載形式にカスタマイズして利用することができるので、より使いやすくスピーディーに入力することができます。

Dentis

Dentisは、Web予約・Web問診・オンライン診療にも対応できる電子カルテシステムです。電子カルテ以外にも便利な機能が備わっているため、医院運営をトータルでサポートしてくれます。

アットレセ

アットレセは、月額費用のみで何台でも利用ができる電子カルテのクラウドシステムです。人員の変更や働き方改革でパソコン台数が増減したとしても費用が変わらないので安心です。

smileⅣ

smileⅣは、治療ごとの経過状況や次回以降の処置内容も「見える化」することができますので、日々の診療で忙しいドクターも、患者様の状況を瞬時に把握することができます。

歯科エキスパートシステム

歯科エキスパートシステムは、最小コストで高パフォーマンスを実現するというコンセプトのもと開発されたシステムです。シンプル操作で診療から会計までをサポートします。

カルテット

カルテットは、お客様の環境やご要望に合わせた3つの月額プランからピッタリのプランを選択して利用できるシステムです。カスタマイズ性も高く、使いやすいシステムです。

セクレタリーPlusⅢ

セクレタリーPlusⅢは、医院の環境やお客様のご要望にあわせて4つのタイプを用意しているので、必要な機能や利用したい機能が搭載されているタイプを選択して利用することができます。

AQUILAX-11 / モデル『C』

AQUILAX-11 / モデル『C』は、電子レセプト請求に対応したシンプルなシステムです。複数患者に対し、診療室、受付スタッフから同時処理を行うことができるので、業務効率を向上させることができます。

デンタルクイーンV3

デンタルクイーンV3は、レセコンシステムを提供して20年もの実績を持つ電算システムの歯科総合システムです。入力タイプも3つのタイプから選択でき、医院独自の診療の流れなどをカスタマイズすることが可能です。

東和ハイシステム

東和ハイシステムでは、たった3つのステップで素早く正確なカルテ入力ができる電子カルテシステムを提供しています。診療で多忙なドクターも無理なく入力でき、スムーズな診療が行えます。

歯事人

歯事人は、月額料金のみで永続的に利用できる電子カルテシステムです。従来のレセコンに比べて、買い替え費用やバージョンアップ費用がかからないため、コストを抑えながら利用できます。

TDM-NEO

TDM-NEOは、請求漏れや請求過誤などの撲滅が期待できる電子カルテシステムです。歯科医院としてはなるべく減らしたい「返戻」が減らせるよう、強固なチェック機能を搭載しています。

PrecioSmart

PrecioSmartは、初めて利用する方でも簡単に扱えるよう操作性の高さを重視した電子カルテシステムです。日々忙しいドクターやスタッフの方だけでなく、患者様の待ち時間の軽減にも寄与します。

νレグルス2

νレグルス2は、診療中にも簡単にカルテ入力ができるよう、ツリー式のパネルから該当項目を選択していくことで簡単に入力ができる設計となっています。訪問診療や会合システムにも対応しているので、より便利に利用できます。

iQalte

iQalteは、カルテ1号・2号様式そのままの画面構成となっているので、初めて電子カルテを利用する方でも使いやすい設計となっています。直感的にキレイなカルテが入力できるので、他のスタッフがチェックしても見やすいというメリットがあります。

DENTALQueen V3

DENTALQueen V3は、医事会計と連携ができる歯科専用電子カルテシステムなので、複数診療科を持つ総合病院におすすめのシステムです。患者様の情報も医科・歯科で一元管理ができるので、便利です。

Denty-SEED EX

Denty-SEED EXは、手書きカルテの自由さと電子カルテの使い勝手を融合させた電子カルテシステムです。パソコンを経験している方であれば初めて利用する方でも簡単に操作できる高い操作性なので、忙しい診療中でも無理なくカルテ入力ができます。

u.luLa

u.luLaは、他社レセコンからのデータ移行がまるごとおまかせできます。そのため、データ移行後も「前回の続き」から入力できるので、システムの移行もスムーズに乗り換えができます。

Profit QUATTRO

Profit QUATTROは、受付業務から診療業務、お会計まで一元管理ができる電子カルテシステムです。入力しやすさやシステムの使い勝手だけでなく、患者さんをお待たせすることのないような工夫も施されているので、医院のイメージアップにも繋げていけます。

デンティフルEX

デンティフルEXは、電子カルテの入力時に「アシスト機能」が搭載されているため、診療中で多忙なドクターでも簡単に入力ができます。エラーチェック機能も充実しているので、より正確なカルテ入力が可能です。

株式会社モリタ

1916年創業であり、歯科医療に関する様々な製品やサービスを提供しているという老舗企業になります。かねてよりデンタルオフィスコンピュータ「DOC-5 PROCYON」シリーズを手掛けており、各種機能のバージョンアップを行った最新版が「PROCYON3」となります。

Opt.oneR

名古屋を本拠地とし、歯科医院向けの製品やサービスを手掛ける株式会社オピックスの歯科用カルテシステム、Opt.oneR。そのフラッグシップ仕様である「POSカルテパッケージ」は、歯科医院で必要となる様々な機能をオールインワンとしていると訴求されています。

palette

患者それぞれの治療進行度やクリニックの治療の流れ・運用に合わせ、処置候補を自由にカスタマイズ可能です。候補編集によって、同じ症例の診療を行う際には入力がよりスムーズになり、グループ分け機能で項目を素早く見つけることもできます。

アイカルテ

画面のレイアウトで手書きカルテが再現されており、ペンシル機能を使用することで紙のカルテへ直接書き込むかのように文字・図を記入できます。入力だけでなく文書の印刷など全ての操作をiPadで行えるのも特徴です。

HAPPY RAPPORT

大・中・小規模病院向けの医事会計システム「HAPPY RAPPORT」は、キヤノンメディカルシステムズ株式会社の製品です。算定漏れや算定ミスを防ぐ「自動計算機能」や患者参照モード、業務自動ボタンなど、事務業務を軽減する便利な機能が備わっています。

Oasis

Oasisは、株式会社Brickberg(ブリックバーグ)が開発した矯正歯科クリニック向けのクラウド型電子カルテシステムです。定型文を選択するだけで処置内容を簡単に入力することができます。自社開発なので不具合が起きてもすぐに対応してくれるので安心です。スマホで閲覧できるため、自宅や出先から予約やカルテの確認もできます。

Sunny-NORIS

カルテコメント機能や電話着信管理機能、保険証スキャナー機能など業務の効率化をもたらす豊富な機能に加え、電話・メール・FAX・遠隔操作・訪問といった5つのサポートを用意し、安心して利用できる環境を整えています。

TDM-maxV

患者と向き合う時間を多く確保するために、日々の業務の効率化をもたらす、歯科医院の業務に特化したシステムです。オンライン資格確認標準・請求対応や電子カルテに対応。導入の際にはデモンストレーションや操作指導まで行います。

カルテメーカー

現役の開業医が開発したソリューションであるカルテメーカーは、チェアサイドで使うことに特化しています。圧倒的な情報量が強みであるとともに、実際に利用している先生方の声も日々拾い上げており、進化し続けています。

With エポック

多様かつ難解な処置項目のある矯正治療に特化したソリューションであるWith エポックは、医院に合わせてカスタマイズが可能であるという特徴があります。保険請求に関するニーズにもしっかり適合しており、より安心・安全なサービス提供に努めています。

Medicom-HRf core
(メディコム)

長年電子カルテを開発したメディコムのノウハウが詰まった、新規開業向けシステムです。開業からスムーズに運用でき、将来の業務拡張や追加したいニーズにも連携や追加オプションで対応。クリニックと共に成長し、長く利用できます。

特集
イメージ

ここでは歯科医院の頭を悩ますレセプト請求における返戻問題について注目しました。返戻が起きてしまう原因からその対策方法についてまとめています。