レセコン「ORCA」とは

目次

ORCAは、日本医師会が提供している「日医標準レセプトソフト」です。さまざまなメーカーが手がけるレセコンの中でもシェア率が高く、多くの医療機関で利用されています。こちらでは、医療IT化や医療情報の標準化を進める目的で立ち上げられたORCA ProjectおよびORCAについて解説します。

ORCAプロジェクトとは

レセコンに互換性がない・既成のレセコンは高額などの課題

全国約10万カ所の医療機関のうち、8割以上が、毎月の診療報酬請求を処理するため専用コンピュータ(レセコン)を導入していますが、医療情報関連のシステムメーカーは200以上あり、それぞれが独自にレセコンの開発を進めたため、データの形式(フォーマット)にはほとんど互換性がありません。このため、ネットワーク化も困難な状況です。

また、既成のレセコンは、民間企業主体で開発・販売されており、メンテナンス費用を含めると、一般のパソコンやワークステーションに比べ高額になります。

IT化と標準化が急務→日医IT化宣言

このような背景から、日本医師会は2001年、医療のIT(情報技術)化と標準化が急務と考え、土台となるネットワークづくりを行う日医IT化宣言を出しました。まず各医療現場に標準化されたオンライン診療レセプトシステムを導入し、互換性のある医療情報をやりとりできるようにする計画を推進しました。

そして、この計画のために日医が開発したプログラムやデータベースはすべて無償で公開し、医療現場の事務作業の効率化を図り、コストを軽減させ、誰もが自由に利用できる開放的なネットワークを形成し、国民に高度で良質な医療を提供することを目指すことを宣言しています。

オープンソースとして作成できるレセコン「ORCA」の登場

日本医師会は、日医IT化宣言に基づき、進化型のオンライン診療レセプトコンピュータシステム(ORCA)を開発しました。このソフトは「日医標準レセプトソフト(略称:日レセ)」と呼んでおり、無償で公開されています。

ORCAプロジェクトによるメリット

日医IT化宣言に基づいて立ち上げられたORCAプロジェクトにより、日本全国すべての医院、医療機関で、だれでも自由に使い、しかも改良可能なオープンソースなレセコンソフトを無料で使用できるようになりました。また、新しい情報や緊急安全情報等がオンラインで提供され、マスタの更新も、インターネットを通じて簡単に入手できます。

ORCAには歯科向けの機能がない

日医IT化宣言に基づいて日本医師会で開発され、無償で公開されているORCAですが、現在は歯科向けの機能は存在していません。歯科用レセコンも、ORCA登場前の医療用レセコンと同じく、メーカーごとに独自に開発され、それぞれに互換性がなくネットワーク化も困難な状態であるため、早期のIT化が待たれます。

歯科レセコンについて

レセコン「ORCA」について

日本全国すべての医院、医療機関で、だれでも自由に使うことができ、しかも改良可能なオープンソースなレセコンソフトであるORCAについて、その詳しい特長などについて解説します。なお、ORCAには、前述のとおり、現在歯科用はありませんのでご注意ください。

サービス利用料

基本サービス

1医療機関当たり2,200円(税込)(端末の台数にかかわらず一律)

セキュリティサービス

月額利用料550円(税込)・・・利用端末ごとに設定する証明書の枚数分の契約が必要ですが、10枚までは上限が月額2,200円(税込)となり、以降10枚単位で月額2,200円(税込)が加算されます

製品の特長

ORCAプロジェクトは発足から20年以上経過し、日医標準レセプトソフトORCAは、次世代となるWebORCAクラウド版に進化しました。その主な特長は次のとおりです。

クラウド版(旧)との違い

動作速度が大幅に向上し、ブラウザで利用可能になりました。サービスの価格体系もシンプルになり、院内にサーバを置くオンプレミス(院内型)として利用できます。

利用シーンが広がる

さまざまなOSハードで利用できますので、端末の代替機が容易に準備でき、院内のサーバが減って省スペースになりました。モバイル対応のため在宅や往診先でレセプトや請求書の発行ができます。

安心・安全に利用できる

携帯電話の回線スピードでも利用可能です。電子証明書が端末を守るります。レセプトデータは医療機関ごとに独立して管理され、患者の基本情報は暗号化して守られます

医療連携に参画しやすい

地域医療連携/多職種連携に参加しやすくなりました。組織でのグループ内連携が容易に構築できます。医療・介護の連携が容易になり、医学の向上など公益に資する研究に参加しやすくなりました

メンテナンス負担を軽減

クラウドサーバで一括管理されますので医療改定に伴うプログラムの更新作業が不要になります。医療費助成制度(地域公費)への対応が業界随一であり、制度改正に伴うプログラムが無償で提供されます。

クラウドサービスが広がる

日本医師会ORCA管理機構の各クラウドサービスが一緒に利用できます。多くの電子カルテや周辺機器と連携できますので、いろいろな医療クラウドサービスとの連携が期待されます。各種電子加算への対応やこれから始まる電子処方箋などに対応できます。

「ORCA」の評判・導入事例

はじめての電子カルテ導入は成功

電子カルテシステムを検討していて、ORCAとも連携できるとの紹介を受けて導入を決定しました。ORCAは導入実績も多かったからです。院内ではLAN工事を行う必要がありましたが、建物の構造上、工事が難しく非常に苦労しました。

ORCA導入後は、安定して稼働しています。ORCAは比較的改定対応や点数対応の操作が簡単で、事務職員は喜んでいます。

参照元:株式会社ソフトテックス公式サイト/導入事例(https://www.softtex-orcare.jp/case/kubota.html)

業務効率化が進む

ORCA導入前は、大手メーカーのレセコンを使用していましたが、そのレセコンが更改時期を迎えたタイミングで、TCO(Total Cost Ownership)の観点でORCAを採用しました。当時としては、それまで使用していた大手メーカーのレセコンよりも維持管理負荷(バージョンアップ作業等)が小さいことも理由でした。

ORCA導入後は、医師のカルテ作成業務と事務スタッフの会計業務も効率化が図られています。また、紙カルテの保管スペースを年々削減することができています。初期導入時には、紙カルテ自体の「導線」を分析し、最小のクライアント台数で運用を開始しました。

しかし、運用が本格化するにつれて、さらなる「情報共有」「コラボレーション」強化の必要性を感じ、随時クライアントを増設しました。結果的に、スタッフ人数比では多めのクライアントになりましたが、適切な台数であると感じています。

参照元:株式会社IDK(アイディーケー)公式サイト/お客様の声(https://www.idkcorp.com/orcalp/)

オンプレミス型・クラウド型 おすすめ歯科用
レセコン3
オンプレミス
オンプレミス
算定漏れ・ミスを防ぐ
機能が充実
FLEX NEXT-Pro
FLEX NEXT-Pro
画像引用元:ウィルアンドデンターフェイス公式HP
(https://denf.co.jp/)

FLEX NEXT-Proは利用する人のことを考え、直感的な操作性で使いやすさにこだわるだけでなく、しっかりと保険請求ができるように、算定漏れや算定ミスを防ぐ機能が備わったシステムです。

オンプレミス+電子カルテ
オンプレミス+電子カルテ
チェック機能で
正確なレセプトを作成
Wise Staff
WiseStaff
画像引用元:ノーザ公式HP
(https://www.nhosa.com/product/wisestaff/)

WiseStaffは長年培ってきたノウハウで保険請求ルールに則ったチェック機能で正確なレセプトを作成することができます。電子カルテでは、正確なカルテ作成と、院内の業務効率化にも役立てることができます。

クラウド
クラウド
レセコン経費を抑えて
利用可能
アットレセ
アットレセ
画像引用元:ベントサイド公式HP
(https://www.ventside.com/)

アットレセは初期費用がなく月額14,410円(税込)で使用できるクラウド型のレセコン。複数台のパソコンで使用しても、オプションを付けても追加費用は発生しない歯科医院のふところに優しいシステムです。

<選出基準>
前提:Googleにて「歯科レセコン」と検索(2023年4月10日)して10ページ目までに登場した「歯科レセコン」26製品の中から直接的なサポートを行っているシステムを抽出
抽出した26製品の内、以下の条件から3製品を選出しました。
・FLEX NEXT Pro:オンプレミス型の歯科用レセコンの中で導入実績(1,000件)が最も多い製品として選出
・WiseStaff:電子カルテ搭載のオンプレミス型レセコンの中で導入実績(1万件)が最も多い製品として選出
・アットレセ:クラウド型の歯科レセコンの中で最も費用が安い製品として選出