歯科用レセコン選び方ガイド│レセラーク » 導入前に知っておきましょう!歯科用レセコンの基礎知識

導入前に知っておきましょう!歯科用レセコンの基礎知識

目次

ここではレセコンの導入を検討している歯科医院向けに、知っておくと役に立つ基礎知識をまとめました。機能や操作性、導入費用など選ぶ際に注目すべきポイントや電子カルテとの違いについても解説しています。

歯科用レセコンの選び方

歯科用レセコンを選ぶ際にチェックしておきたいポイントは、機能・ユーザビリティ・セキュリティ・サポート体制・コストです。搭載されている機能が価格に見合っているか、事務スタッフが操作に手間取らないかなどを確認。また、セキュリティやサポート体制はトラブル発生時の対応も含め安全性確保の点で重要です。

歯科用レセコンの選び方について詳しく見る

歯科用レセコンの機能

歯科用レセコンはレセプト作成がメイン機能ですが、それ以外は受付業務、治療、経営それぞれに必要な機能に分けられます。受付業務では患者管理・予約管理、日計表、会計の機能、治療においてはカルテ作成や情報提供文書などで活用が可能。また経営分析や予約解析など新患数増や売上アップに役立つ機能もあります。

歯科用レセコンの機能について詳しく見る

歯科用レセコンの導入費用

歯科用レセコンはメーカーごとに提供形態やプラン、搭載機能などに違いがあるため、安いものから高いものまでピンキリです。どれもレセプト作成の基本機能はしっかり搭載されており、安いから劣るということはありません。ただしあまりにも安すぎる場合はセキュリティや機能面で不安が残るため、要チェックです。

歯科用レセコンの導入費用について詳しく見る

歯科用レセコンの操作性

どれほど多くの機能が搭載されていても、それを知らなかったり操作方法がよくわからずに、活用しなければ宝の持ち腐れです。まず自分の手で触ってみることが大切で、レセプト業務の流れに沿って操作し、レセプト作成以外に何ができるかもチェックします。失敗を避けるためには導入前にデモ閲覧やお試し期間の活用がおすすめです。

歯科用レセコンの操作性について詳しく見る

オンプレミス型とクラウド型レセコンの違い

レセコンにはオンプレミス型とクラウド型があります。オンプレミス型は院内にサーバー・ネットワークなどを構築し、データの保存・管理を行うもの。クラウド型は外部のクラウドサーバー上でデータ保管やシステムの管理・運用を行います。オンプレミス型はカスタマイズ性が高くクラウド型は低コストなのがメリットです。

オンプレミス型と
クラウド型レセコンの違いについて詳しく見る

レセコンと電子カルテとの違い

レセコンとはレセプト(診療報酬明細書)を作成するコンピュータのことを指します。電子カルテは従来の紙のカルテを電子データに置き換えたものです。両者の違いは用途と使用する人です。レセコンは会計情報を管理し、事務スタッフや会計士が使用しますが、電子カルテは医療情報を管理するもので主に医師が使用します。

レセコンと電子カルテとの違いについて詳しく見る

歯科が使えるIT導入補助金とは

IT導入補助金は中小企業や歯科医院の業務効率化を支援する制度であり、治療履歴の管理やオンライン予約システムの導入など、さまざまなITツールの導入が対象です。申請にはIT導入支援事業者とのパートナーシップが必要で、補助対象としてはレセコンなどが挙げられます。申請要件を満たし、事業実施効果を報告することで補助金が交付されます。

歯科が使えるIT導入補助金とはについて詳しく見る

オンプレミス型・クラウド型 おすすめ歯科用
レセコン3
オンプレミス
オンプレミス
算定漏れ・ミスを防ぐ
機能が充実
FLEX NEXT-Pro
FLEX NEXT-Pro
画像引用元:ウィルアンドデンターフェイス公式HP
(https://denf.co.jp/)

FLEX NEXT-Proは利用する人のことを考え、直感的な操作性で使いやすさにこだわるだけでなく、しっかりと保険請求ができるように、算定漏れや算定ミスを防ぐ機能が備わったシステムです。

オンプレミス+電子カルテ
オンプレミス+電子カルテ
チェック機能で
正確なレセプトを作成
Wise Staff
WiseStaff
画像引用元:ノーザ公式HP
(https://www.nhosa.com/product/wisestaff/)

WiseStaffは長年培ってきたノウハウで保険請求ルールに則ったチェック機能で正確なレセプトを作成することができます。電子カルテでは、正確なカルテ作成と、院内の業務効率化にも役立てることができます。

クラウド
クラウド
レセコン経費を抑えて
利用可能
アットレセ
アットレセ
画像引用元:ベントサイド公式HP
(https://www.ventside.com/)

アットレセは初期費用がなく月額14,410円(税込)で使用できるクラウド型のレセコン。複数台のパソコンで使用しても、オプションを付けても追加費用は発生しない歯科医院のふところに優しいシステムです。

<選出基準>
前提:Googleにて「歯科レセコン」と検索(2023年4月10日)して10ページ目までに登場した「歯科レセコン」26製品の中から直接的なサポートを行っているシステムを抽出
抽出した26製品の内、以下の条件から3製品を選出しました。
・FLEX NEXT Pro:オンプレミス型の歯科用レセコンの中で導入実績(1,000件)が最も多い製品として選出
・WiseStaff:電子カルテ搭載のオンプレミス型レセコンの中で導入実績(1万件)が最も多い製品として選出
・アットレセ:クラウド型の歯科レセコンの中で最も費用が安い製品として選出