オンプレミス型とクラウド型レセコンの違い

目次

ここでは歯科用レセコンを導入する際に注意したい、オンプレミス型とクラウド型の違いについてまとめました。それぞれのデータ保存・管理の仕組みやどのようなメリット・デメリットがあるのかをご紹介します。

オンプレミス型の特徴とメリット・デメリット

特徴

オンプレミス型のレセコンは院内にサーバー・ネットワークなどのインフラを整備し、データの保存や管理を行います。現在のようにインターネット環境が整備される以前は、この方法による情報システム構築が一般的でした。クラウド型の登場により、区別するためにオンプレミス型という言葉が使われるようになりました。

メリット・デメリット

オンプレミス型のメリットはシステムをカスタマイズする自由度が高く、他の業務システムと連動しやすいことです。また内部ネットワークのみで運用が完結するため、情報漏洩のリスクが低くセキュリティ面で安心できます。

デメリットは初期費用が高くなることです。サーバーや各種ネットワーク機器を院内に設置しなければならないため高額な設備費用がかかります。またシステム稼働後もメンテナンスや保守費用などが継続的に発生します。

障害対応も含めて情報システムの管理は院内で行うことが基本で、規模によっては専門の管理者が必要になります。またシステムの設計から開発、テストまで一から行うことになるため完成するまでに時間がかかります。

自院にとって
必要なレセコンが分かる!
歯科用レセコンの選び方はこちら

クラウド型の特徴とメリット・デメリット

特徴

クラウド型のレセコンはインターネット上のクラウドサーバーでデータ保管やシステムの管理・運用を行います。オンプレミス型のように院内にサーバーやネットワーク機器を設置する必要はありません。クラウドとはインターネットを経由して提供されるサービスで、外部のネットワークを雲の図で表現していたことに由来します。

メリット・デメリット

クラウド型のメリットは院内に設備を必要としないため導入コストを低く抑えられ、利用開始までの時間も短くて済むことです。またシステムやデータはすべてクラウド上にあるため保守・メンテナンスの手間もかかりません。

デメリットはクラウド事業者が提供するサービスの範囲内でレセコンを利用することになるため、あらかじめ用意されたオプション機能の追加はできても、オンプレミス型のように自由にシステムをカスタマイズできない点です。

またクラウド型はインターネット環境があれば、場所を選ばずどこでもシステムにアクセスができるメリットがありますが、ネット環境に左右されやすく回線が遮断されてしまうと利用が難しくなるという側面もあります。

オンプレミス型・クラウド型 おすすめ歯科用
レセコン3
オンプレミス
オンプレミス
算定漏れ・ミスを防ぐ
機能が充実
FLEX NEXT-Pro
FLEX NEXT-Pro
画像引用元:ウィルアンドデンターフェイス公式HP
(https://denf.co.jp/)

FLEX NEXT-Proは利用する人のことを考え、直感的な操作性で使いやすさにこだわるだけでなく、しっかりと保険請求ができるように、算定漏れや算定ミスを防ぐ機能が備わったシステムです。

オンプレミス+電子カルテ
オンプレミス+電子カルテ
チェック機能で
正確なレセプトを作成
Wise Staff
WiseStaff
画像引用元:ノーザ公式HP
(https://www.nhosa.com/product/wisestaff/)

WiseStaffは長年培ってきたノウハウで保険請求ルールに則ったチェック機能で正確なレセプトを作成することができます。電子カルテでは、正確なカルテ作成と、院内の業務効率化にも役立てることができます。

クラウド
クラウド
レセコン経費を抑えて
利用可能
アットレセ
アットレセ
画像引用元:ベントサイド公式HP
(https://www.ventside.com/)

アットレセは初期費用がなく月額14,410円(税込)で使用できるクラウド型のレセコン。複数台のパソコンで使用しても、オプションを付けても追加費用は発生しない歯科医院のふところに優しいシステムです。

<選出基準>
前提:Googleにて「歯科レセコン」と検索(2023年4月10日)して10ページ目までに登場した「歯科レセコン」26製品の中から直接的なサポートを行っているシステムを抽出
抽出した26製品の内、以下の条件から3製品を選出しました。
・FLEX NEXT Pro:オンプレミス型の歯科用レセコンの中で導入実績(1,000件)が最も多い製品として選出
・WiseStaff:電子カルテ搭載のオンプレミス型レセコンの中で導入実績(1万件)が最も多い製品として選出
・アットレセ:クラウド型の歯科レセコンの中で最も費用が安い製品として選出