歯科用レセコン選び方ガイド│レセラーク » お悩み解決!賢くレセコンを活用して潤った経営を

お悩み解決!賢くレセコンを活用して潤った経営を

目次

ここでは歯科医院の新患数を増やしたり無断キャンセル数を減らしたいなどの、課題解決や業務を効率化するためのレセコンの活用法について解説。課題が発生する理由を明らかにした上で、何をすべきかについてご紹介します。

歯科医院で使いたい診療予約システムとは

現代の歯科医院運営において、患者さんの利便性を高めるとともに、効率的な診療スケジュール管理を実現するためには、診療予約システムの導入が不可欠です。

診療予約システムとは

診療予約システムは、歯科医院の予約受付業務を自動化し、患者さんと医院の双方にメリットをもたらすデジタルツールです。患者さんの予約情報はリアルタイムでシステムに反映され、医院側は予約状況を一目で把握できるため、スムーズな診療スケジュールの管理が可能になります。

診療予約システム(webベース)

Webベースの診療予約システムは、インターネットを通じて患者さん自身が24時間いつでも予約を行えるサービスです。スマートフォンやパソコンからアクセス可能で、患者さんは自宅や外出先から手軽に次回の診療予約を確定させることができます。

導入のメリット

診療予約システムを導入することで、歯科医院は以下のようなメリットを享受できます。

  • 患者満足度の向上:患者さんは自分の都合の良い時に予約が取れ、待ち時間の削減が期待できます。
  • 受付業務の効率化:受付の手間が減り、スタッフはより質の高い患者対応に時間を割けます。
  • ノーショーの減少:自動リマインダー機能により、予約忘れを防ぎます。
  • スケジュール管理の最適化:空き時間を把握しやすくなり、診療効率が向上します。

レセコンと連携するとできること

レセプトコンピュータ(レセコン)と診療予約システムを連携させることで、予約データと患者の診療情報が一体化し、さらに多くの利点が生まれます。

  • 情報の一元管理:患者のカルテや診療履歴と予約情報を統合し、一貫した患者管理が可能になります。
  • 精度の高い予約管理:診療の内容に応じた時間割り当てが可能になり、より適切な予約スケジュールが組めます。
  • 自動化された請求プロセス:診療情報と連動して請求書の作成が自動化され、請求ミスの減少につながります。

このように、歯科医院における診療予約システムの導入は、患者サービスの向上とクリニック運営の効率化を両立させる重要なステップです。患者さんの利便性を追求し、医院の生産性を高めるためにも、最新のシステム導入を検討する価値は大いにあります。

歯科医院で使いたい自動釣銭機とは?

歯科医院の効率化と患者サービスの向上を図るために、自動釣銭機の導入は非常に有効な手段です。

自動釣銭機とは

自動釣銭機は、現金取引時のお釣りを自動で計算し、支払いをスムーズに行うための機械です。患者さんが支払う現金を機械が受け取り、正確な額の釣銭を返却します。これにより、受付スタッフの負担を軽減し、会計業務の時間短縮とミスの防止を実現します。

導入のメリット

自動釣銭機を歯科医院に導入するメリットは多岐にわたります。

  • 効率的な会計処理:人手を要する釣銭の計算や準備が不要になり、受付業務のスピードアップが図れます。
  • ヒューマンエラーの低減:釣銭の計算ミスがなくなり、会計時の正確性が向上します。
  • 衛生的な取引:現金の直接的な手渡しがなくなるため、衛生的な環境を保つことができます。
  • 患者満足度の向上:支払いの速さと正確さは患者さんの満足度を高め、クリニックのイメージアップに繋がります。

レセコンと連携するとできること

自動釣銭機をレセプトコンピュータ(レセコン)と連携させることで、さらに便利な機能を享受できます。

  • 自動会計:レセコンからの診療データに基づいて、会計情報が自動釣銭機に送信され、正確な会計が行えます。
  • データ管理の一元化:会計情報がレセコンに蓄積され、患者さんの診療情報と統合されます。これにより、財務管理が容易になります。
  • 時間削減:会計にかかる時間が大幅に削減され、受付スタッフが他の業務に集中できるようになります。

自動釣銭機の導入は、歯科医院における効率化のみならず、患者さんに対するサービス品質の向上にも寄与します。レセコンとの連携によって、より高度な管理とサービスが可能になるため、歯科医院運営の近代化に不可欠な投資と言えるでしょう。

新規患者の数を増やしたい

新規患者の獲得には受け入れるルートを多く確保する必要があり、新規ルートを増やすのではなく新患の取り逃しを減らすことに重点を置きます。電話がつながりにくかったり、予約がとれないなどが取り逃しの要因となります。

こうしたことは通常業務の中で発見しにくく解決策の検討が必要です。スタッフ全員に新患受け入れの意識をもってもらう教育を徹底し、スムーズな予約に関してはレセコンの管理機能を利用することも有効です。

歯科医院の新規患者数を
増やす方法について詳しくみる

無断キャンセル数を減らしたい

患者が予約をキャンセルしてしまうのは、忙しくてうっかり忘れたというミス以外にも、面倒だから行きたくない、天候が悪い、勝手な自己判断により行かなくなるなど治療に消極的なことが要因として考えられます。

無断キャンセルは歯科医院にとって損失につながるため、対策のためには院長だけでなくスタッフ全員で取り組む必要があります。レセコンに搭載されている個人管理や予約管理、通知メール機能などもキャンセル防止に役立ちます。

歯科医院の無断キャンセル数を
減らす方法について詳しくみる

リコール率を上げたい

定期検診を継続しなくなる理由は、患者が通院に消極的で何らかの障壁があると行かないからです。リコール率を上げるためには治療終了後1回目のアポイントを1ヵ月後にしたり、自分は特別という意識を持ってもらうなど続けられる環境を整えます。

また無断キャンセル・予約変更などを記録し患者の意識や行動傾向を把握することが重要ですが、レセコンのリコール機能を活用すればキャンセル状況をリスト化したり、定期検診の通知メール送信、DM作成などが簡単にできます。

歯科医院のリコール率を上げる
方法について詳しくみる

業務効率化をはかりたい

歯科医院の電子レセプト普及率は高く、レセコンは必須です。レセプトに記入漏れやミスがあると返戻されるため、レセプトを点検・作成してくれるレセコン活用は業務負担軽減につながります。

この他にもレセコンには経営分析機能や患者へ提供文書作成機能が付いているものがあり、電子カルテとの親和性も高く、連動・一体化することで歯科業務の効率を大幅に向上することが可能です。

歯科医院の業務効率化をする
方法について詳しくみる

オンプレミス型・クラウド型 おすすめ歯科用
レセコン3
オンプレミス
オンプレミス
算定漏れ・ミスを防ぐ
機能が充実
FLEX NEXT-Pro
FLEX NEXT-Pro
画像引用元:ウィルアンドデンターフェイス公式HP
(https://denf.co.jp/)

FLEX NEXT-Proは利用する人のことを考え、直感的な操作性で使いやすさにこだわるだけでなく、しっかりと保険請求ができるように、算定漏れや算定ミスを防ぐ機能が備わったシステムです。

オンプレミス+電子カルテ
オンプレミス+電子カルテ
チェック機能で
正確なレセプトを作成
Wise Staff
WiseStaff
画像引用元:ノーザ公式HP
(https://www.nhosa.com/product/wisestaff/)

WiseStaffは長年培ってきたノウハウで保険請求ルールに則ったチェック機能で正確なレセプトを作成することができます。電子カルテでは、正確なカルテ作成と、院内の業務効率化にも役立てることができます。

クラウド
クラウド
レセコン経費を抑えて
利用可能
アットレセ
アットレセ
画像引用元:ベントサイド公式HP
(https://www.ventside.com/)

アットレセは初期費用がなく月額14,410円(税込)で使用できるクラウド型のレセコン。複数台のパソコンで使用しても、オプションを付けても追加費用は発生しない歯科医院のふところに優しいシステムです。

<選出基準>
前提:Googleにて「歯科レセコン」と検索(2023年4月10日)して10ページ目までに登場した「歯科レセコン」26製品の中から直接的なサポートを行っているシステムを抽出
抽出した26製品の内、以下の条件から3製品を選出しました。
・FLEX NEXT Pro:オンプレミス型の歯科用レセコンの中で導入実績(1,000件)が最も多い製品として選出
・WiseStaff:電子カルテ搭載のオンプレミス型レセコンの中で導入実績(1万件)が最も多い製品として選出
・アットレセ:クラウド型の歯科レセコンの中で最も費用が安い製品として選出