目次

ここでは歯科用レセコンの導入にかかる費用やランニングコストについて調査。システム構成や機能による価格の違いや、格安をうたうシステムの注意点、導入前のチェックポイントなどをご紹介します。

レセコンの費用はピンキリ

本サイトでは実績豊富な歯科用レセコンをピックアップし料金体系もリサーチしました。その結果わかったのは、各レセコンによってまちまちで安いものから高いものまでピンキリであることです。

初期費用は不要というケースもあれば、導入時に60万円を超えるものもあります。また月額料金については、1~2万円くらいの価格設定のものが多いですが、プランによっては4万円近くかかるものもあります。

このような差が出るのは、レセコンは各メーカーでオンプレミスやクラウドなど提供形態、プラン内容、搭載機能に違いがあるからです。そのため歯科医院がレセコンに何を求めるかによって費用は変わると考えておくとよいでしょう。

安いからって機能が劣るというわけではない

レセコン導入の主な目的はレセプト(診療報酬明細)の作成です。そのため、どのようなレセコンでもレセプト作成についてはメインに機能として必ず搭載されており、安いから使えないということはありません。

ではなぜ価格に違いが生じるのかと言うと、レセプト作成以外の機能に違いがあるからです。レセコンはその性質上、電子カルテと密接な関係にあり既存システムと連動したり、カルテ作成とレセコン機能一体型のものもあります。

また患者管理や会計機能を拡張して、歯科医院の経営分析機能まで搭載するレセコンともなると、歯科医院の業務全体をカバーできます。したがって安くても機能が劣ることはないですが、価格が高くなると付加機能が充実していきます。

しかし安すぎるところは要注意!

レセコンの価格体系はまちまちで、導入初期費用以外に月額費用がかかるのが一般的です。中には割安料金をアピールするところもありますが、明らかに安すぎるという場合は注意が必要です。

買い取り型で初期費用が高額になる代わりに月額費用が安いなど理由が明確ならよいですが、価格が安いだけの場合はシステムの機能面やセキュリティ面に不安が残ります。導入前にしっかりチェックすることが重要です。

また費用を検討する場合は、トータルコストで考えます。初期費用や月額費用の他に、システムアップデート費用、メンテナンスやサポートなど保守費用もかかります。これらを見逃すと後から想定外の費用が発生することになるので要注意です。

自院にとって
必要なレセコンが分かる!
歯科用レセコンの選び方はこちら

オンプレミス型・クラウド型 おすすめ歯科用
レセコン3
オンプレミス
オンプレミス
算定漏れ・ミスを防ぐ
機能が充実
FLEX NEXT-Pro
FLEX NEXT-Pro
画像引用元:ウィルアンドデンターフェイス公式HP
(https://denf.co.jp/)

FLEX NEXT-Proは利用する人のことを考え、直感的な操作性で使いやすさにこだわるだけでなく、しっかりと保険請求ができるように、算定漏れや算定ミスを防ぐ機能が備わったシステムです。

オンプレミス+電子カルテ
オンプレミス+電子カルテ
チェック機能で
正確なレセプトを作成
Wise Staff
WiseStaff
画像引用元:ノーザ公式HP
(https://www.nhosa.com/product/wisestaff/)

WiseStaffは長年培ってきたノウハウで保険請求ルールに則ったチェック機能で正確なレセプトを作成することができます。電子カルテでは、正確なカルテ作成と、院内の業務効率化にも役立てることができます。

クラウド
クラウド
レセコン経費を抑えて
利用可能
アットレセ
アットレセ
画像引用元:ベントサイド公式HP
(https://www.ventside.com/)

アットレセは初期費用がなく月額14,410円(税込)で使用できるクラウド型のレセコン。複数台のパソコンで使用しても、オプションを付けても追加費用は発生しない歯科医院のふところに優しいシステムです。

<選出基準>
前提:Googleにて「歯科レセコン」と検索(2023年4月10日)して10ページ目までに登場した「歯科レセコン」26製品の中から直接的なサポートを行っているシステムを抽出
抽出した26製品の内、以下の条件から3製品を選出しました。
・FLEX NEXT Pro:オンプレミス型の歯科用レセコンの中で導入実績(1,000件)が最も多い製品として選出
・WiseStaff:電子カルテ搭載のオンプレミス型レセコンの中で導入実績(1万件)が最も多い製品として選出
・アットレセ:クラウド型の歯科レセコンの中で最も費用が安い製品として選出