目次

ここではレセコンを活用した歯科医院の業務効率化について解説。電子レセプト業務だけでなく、経営分析機能や患者さんへ提供文書の作成機能を使って、業務負担を軽減する方法をご紹介します。

電子レセプト業務の効率化

社会保険診療報酬支払基金がまとめた資料によれば、令和5年2月診療分の歯科における電子レセプトの割合は92.1%。その内訳はオンラインによる請求33.5%、電子媒体による請求が58.6%となっており、導入率が高いことがわかります。

そのためレセプトを点検・作成してくれるレセコンは歯科医院にとっては必須の存在となっています。歯科医院のスタッフは時間との戦いで、レセプトに記入漏れやミスがあると返戻されるため業務負担軽減のための重要な役割を担うからです。

レセコンには返戻の訂正や算定漏れを防止することで収益の取りこぼしをなくしたり、カルテ内容の点検など、毎月の請求業務処理をスムーズに進めるためのサポート機能が搭載されています。

また電子カルテとの親和性も高く、連動したり一体化することで歯科業務の効率を大幅に向上させることが可能です。レセコンによる業務効率化は人手不足の解消や、離職・退職率の低下にもつながります。

参照元:【PDF】社会保険診療報酬支払基金公式HP(https://www.ssk.or.jp/tokeijoho/tokeijoho_rezept/tokeijoho_rezept_r04.html

経営分析機能で効率化

歯科業務は治療を行うことは当然ですが、その他に新患の獲得やリコールなど経営面でもやることが多く大変です。レセコンはレセプト作成など事務作業だけでなく、そうした経営サポートツールとしても活用できます。

レセコンの中には経営分析機能が付いているものがあります。レセプト請求業務に関連するデータを活用して新患数の動向やスタッフ別の売上を算出するなど多角的に現状分析を行うことで課題解決に結びつけることが可能です。

歯科医院は激しい競争にさらされています。都市部においては、すぐ近くに別の歯科医院が開業することも珍しくありません。そのため一般企業と同じようなマーケティング手法を導入することが求められています。

モノを販売する業態ではありませんが、レセコンで蓄積されるデータを活用して経営の現状や患者ニーズを把握し、新患数を増やす対策や設備投資に目を向けることで歯科医院の経営安定につなげることができるのです。

患者さんへ提供文書の作成

患者に治療方針や内容について正しく理解してもらうことは非常に重要です。患者が治療が完了するまでどのくらい時間がかかるのか、どうしてなのか理由を知ることは、安心感を与えるだけでなく無断キャンセル防止にもなります。

口頭のみの説明だけでは不十分なため、歯科医院では提供文書を準備します。それにより患者に歯や歯ぐきの状態を理解してもらい、歯みがきや歯の手入れに役立ててもらうことが可能になります。

しかし手書きで個々人に提供文書を作成するのでは、歯科医院の負担を大きくしてしまいます。そうした患者提供文書の作成を効率化できるのもレセコンの特徴の一つです。患者名の反映や定型文により簡単でわかりやすい文書が作成できます。

患者提供文書には保険治療で提供が義務付けられている文書と歯科医院独自の文書があります。レセコンを選ぶ際には、自院に合った提供文書作成が可能かどうかも大切なチェックポイントです。

自院にとって
必要なレセコンが分かる!
歯科用レセコンの選び方はこちら

オンプレミス型・クラウド型 おすすめ歯科用
レセコン3
オンプレミス
オンプレミス
算定漏れ・ミスを防ぐ
機能が充実
FLEX NEXT-Pro
FLEX NEXT-Pro
画像引用元:ウィルアンドデンターフェイス公式HP
(https://denf.co.jp/)

FLEX NEXT-Proは利用する人のことを考え、直感的な操作性で使いやすさにこだわるだけでなく、しっかりと保険請求ができるように、算定漏れや算定ミスを防ぐ機能が備わったシステムです。

オンプレミス+電子カルテ
オンプレミス+電子カルテ
チェック機能で
正確なレセプトを作成
Wise Staff
WiseStaff
画像引用元:ノーザ公式HP
(https://www.nhosa.com/product/wisestaff/)

WiseStaffは長年培ってきたノウハウで保険請求ルールに則ったチェック機能で正確なレセプトを作成することができます。電子カルテでは、正確なカルテ作成と、院内の業務効率化にも役立てることができます。

クラウド
クラウド
レセコン経費を抑えて
利用可能
アットレセ
アットレセ
画像引用元:ベントサイド公式HP
(https://www.ventside.com/)

アットレセは初期費用がなく月額14,410円(税込)で使用できるクラウド型のレセコン。複数台のパソコンで使用しても、オプションを付けても追加費用は発生しない歯科医院のふところに優しいシステムです。

<選出基準>
前提:Googleにて「歯科レセコン」と検索(2023年4月10日)して10ページ目までに登場した「歯科レセコン」26製品の中から直接的なサポートを行っているシステムを抽出
抽出した26製品の内、以下の条件から3製品を選出しました。
・FLEX NEXT Pro:オンプレミス型の歯科用レセコンの中で導入実績(1,000件)が最も多い製品として選出
・WiseStaff:電子カルテ搭載のオンプレミス型レセコンの中で導入実績(1万件)が最も多い製品として選出
・アットレセ:クラウド型の歯科レセコンの中で最も費用が安い製品として選出