レセプトを経営改善に役立てる方法

目次

歯科医院の経営改善を目指すためには、レセコンから得られる客観的な数値を有効活用することが大切。レセコンを活用した経営改善のポイントについて解説します。

歯科クリニックの経営改善ポイント

バイアス(思い込み)を捨てて数値で経営の現状を把握する

たとえば、歯の欠損に関する相談に来訪した患者に対してインプラントを提案した場合、提案数に対してどの程度の比率の患者が、実際にインプラントを受けるでしょうか?

「5%くらいですかね」と回答する医師もいれば「10%くらいは受けていると思う」と回答する医師もいるでしょう。歯科医院経営においては、この「くらいですかね」「思う」が問題です。なぜなら、この比率は医師のバイアス(思い込み)だからです。バイアスを前提にしている以上、効果的な経営改善は難しいでしょう。

提案してインプラントを受けた患者の比率については、レセコンを確認すれば一目瞭然。インプラントに限らず、何を判断するにしても必ず客観的な数値で経営の現状を把握する姿勢が大切です。

パレートの法則に基づいて重視すべき事項を検討する

パレートの法則とは、世の中の多くの現象が「8:2」の比率に近くなるという考え方のこと。よく言われる例が、「会社の売上の8割は、全体の2割の社員が稼いでいる」というものです。

歯科医院の診療においても、この法則は参考になります。矯正などの専門特化型歯科医院でない限り、診療報酬の8割は全体の疾患の2割から得られる、と考えてみましょう。正確に8:2の比率になるわけではありませんが、パレートの法則に従ってレセコンから得られる数値を分析すれば、重点的に取り組むべき診療の種類が見えてくるはずです。

診療圏分析と実績データを比較して問題点を洗い出す

診療圏分析とは、1日の外来患者数に関する特定地域のポテンシャルを把握するための分析のこと。クリニックを開院する際、診療圏分析を通じて開院地域を検討した先生も多いことでしょう。

診療圏分析は、開院後も定期的に行うようおすすめします。なぜならば、分析した数値とレセコンから得られる実際の数値との間に乖離が見られた場合、クリニックに何らかの問題が潜んでいることが想定されるからです。経営改善に向け、どこに力を入れるべきかのヒントを得られるでしょう。

経営の改善策はレセコンの数値の中にある

客観的な視点から現状を直視することが、歯科医院の経営改善に向けた基本的な姿勢です。歯科医院経営にとって、現状を示した客観的な資料はレセプトに他なりません。レセコンを有効活用し、医院の経営改善に役立てていきましょう。

自院にとって
必要なレセコンが分かる!
歯科用レセコンの選び方はこちら

オンプレミス型・クラウド型 おすすめ歯科用
レセコン3
オンプレミス
オンプレミス
算定漏れ・ミスを防ぐ
機能が充実
FLEX NEXT-Pro
FLEX NEXT-Pro
画像引用元:ウィルアンドデンターフェイス公式HP
(https://denf.co.jp/)

FLEX NEXT-Proは利用する人のことを考え、直感的な操作性で使いやすさにこだわるだけでなく、しっかりと保険請求ができるように、算定漏れや算定ミスを防ぐ機能が備わったシステムです。

オンプレミス+電子カルテ
オンプレミス+電子カルテ
チェック機能で
正確なレセプトを作成
Wise Staff
WiseStaff
画像引用元:ノーザ公式HP
(https://www.nhosa.com/product/wisestaff/)

WiseStaffは長年培ってきたノウハウで保険請求ルールに則ったチェック機能で正確なレセプトを作成することができます。電子カルテでは、正確なカルテ作成と、院内の業務効率化にも役立てることができます。

クラウド
クラウド
レセコン経費を抑えて
利用可能
アットレセ
アットレセ
画像引用元:ベントサイド公式HP
(https://www.ventside.com/)

アットレセは初期費用がなく月額14,410円(税込)で使用できるクラウド型のレセコン。複数台のパソコンで使用しても、オプションを付けても追加費用は発生しない歯科医院のふところに優しいシステムです。

<選出基準>
前提:Googleにて「歯科レセコン」と検索(2023年4月10日)して10ページ目までに登場した「歯科レセコン」26製品の中から直接的なサポートを行っているシステムを抽出
抽出した26製品の内、以下の条件から3製品を選出しました。
・FLEX NEXT Pro:オンプレミス型の歯科用レセコンの中で導入実績(1,000件)が最も多い製品として選出
・WiseStaff:電子カルテ搭載のオンプレミス型レセコンの中で導入実績(1万件)が最も多い製品として選出
・アットレセ:クラウド型の歯科レセコンの中で最も費用が安い製品として選出